About

COLORAN KORAN とは
COLORAN KORAN
色鮮やかな未来を共に創る。

カララン・コランは様々な表現活動を通して、
全ての存在が個性を大切にし、
垣根を飛び越えて共に色鮮やかな未来を創る
ことを目的に
活動しています。

カラランとは、“空(カラ)”と“COLOR(カラー)”という
二つの言葉を掛けた庵、COLOR-ANのことで、
「空っぽな状態となり、風流で浮世離れした独自の色を展開していく、庵のような存在」
という活動コンセプトを表現しています。

COLOR(カラー):色、感覚の一種、物質や肉体、表情、本性、本質、個性、多様性、態度、趣、恋人、情愛

空(カラ):空、心の状態、空気、偶然、無益、空間、全ての存在、ゼロに限りなく近い、天、空っぽ、実体が無い

COLORANKORAN カララン・コランは様々な表現活動に取り組むことを通して、

個性(カラー)を剥き出しにして、違いを楽しみながら生きる
多種多様で違いのある(=カラフルな)存在が共鳴して新しい価値を創る
社会にポジティブな変化を起こして色鮮やかな未来を実現する

ことを目指しています。

自分と向き合うこと
他者と向き合うこと
社会と繋がること

これらは自分に、他者に、社会に大きな変化を起こします。

その過程はとても楽しく、有意義で、充実している一方で、同時にもの凄くエネルギーを使う、凄くしんどい作業でもあります。時に自分や他者を傷付けてしまうこともあるでしょう。

自分をそして他者をなるべく傷つけずに、その過程を前向きに経験していくために、人は言葉だけではない表現手段を、手にしてきたのかも知れません。

絵や、音楽や、踊り、など、古来から表現することは、人が生きていることと隣り合わせに存在していました。

人が生まれて、最初に生み出す表現も言葉にならないもの。

言葉を手放し、様々な色を使い、複雑な想いを自由に表現することで、言葉だけでは現せなかった未来が目に見える形となる。

明るいポジティブな気持ちだけでなく、人との違いも、しんどさや生きづらさも、表現することで作品となり、自分に、他者に、そして社会にポジティブな変化を起こしていく。

COLORAN KORAN カララン・コラン は様々な表現活動を通じて、個人、組織、そして社会の色鮮やかな未来を支えます。

現在は主に3つの事業に取り組んでいます。

True colors session(個人向けオリジナルアート制作)

1:1で対話しながら“True Colors =本性・本音・情熱”を見出し、その場で即興で色を重ね「世界に一つだけ」のアート作品を共に創りあげるライブペインティングセッションです。(対面・オンライン)

Session詳細
デザイン(抽象画デザイン制作、オリジナルアート制作)

法人・団体・プロジェクトなどの活動コンセプトを伺いながら、活動や事業の未来を抽象画に仕上げます。描いたヴィジュアルはwebサイトのメインヴィジュアルやロゴ、各種グッズなどにデザインとしてお使いいただけます。(対面・オンライン)

Design詳細
ワークショップ

個人向け・家族向け・法人向けに様々な表現活動を“体験する”ことを重視したワークショップを企画・運営します。常識や他者の目線、目先の利益などに囚われがちな日常の思考を手放し、感じるままに手を動かすことで、自然と個人の創造性が引き出されます。また、それぞれの個性豊かな表現を通して、お互いの“違い”を認めて活かし合う”土壌を生み出します。(対面)

Workshop詳細

Profile

石島小夏

石島 小夏 Konatsu Ishijima

東京・神楽坂と福岡・糸島の二拠点生活を家族4人で送りながら、表現活動を行う。人生のテーマは、唯一無二、越境、人間模様。都会と自然、大胆さと繊細さ、自分と他者、など一見、異なる世界観を共に一枚の絵に表現する。ご自身の内側に眠る世界観を表現するセッションや、テーマに沿ったオリジナルアート制作は、神楽坂&糸島、オンラインで承っている。

1984年、栃木県益子町生まれ。陶芸家の父と美術短大卒の母の元、芸術の街で豊かな自然に囲まれ伸び伸び育つ。

2007年、慶應義塾大学経済学部卒業後、ベンチャー企業やライカカメラジャパン株式会社にて、接客販売業に従事し、経営者やアーティストを中心に2,000人以上の顧客様と関わる。

2017年、カラーペンで真っ白な無地のノートに心に浮かんだ事を“そのまま”描き出す「カラフルノート®︎」という独自手法を用いて、個人向けコーチングを事業化。

2018年、ベンチャー企業や一部上場企業、多国籍企業にて、相互理解研修の講師を務める。常識や先入観に囚われず、人間らしい一面を重視したチームビルディングの支援を行う。

2020年、ずっとやってみたかった演劇を始めるために、未経験にも関わらず劇団を立ち上げ、SNSを通じて2晩で20名の団員を集め、劇団アンリミテッド(仮)を主宰、座長を務める。

2021年、カラーペンを筆とアクリル絵具に持ち変えて、人の本性を真っ白なキャンバスへ鮮やかに描き出すライブペインティングを開始。言葉を手放すことで、水を得た魚のように表現が覚醒する。

一方、自身がアーティストとして活動を始めたことで、個人向けコーチングの説得力が増し、仕事だけではなく、家庭も好きなことも全て大切にしている欲張りなクライアントの後押しを半年間の継続コーチングにて、行う。

コーチングセッションのご依頼はこちらから。

展示会/パフォーマンス

2021年6月 グループ展 「アートのるつぼ展PART Ⅱ」 日本橋 Double Tall Art & Espresso Bar

2021年6月 劇団アンリミテッド(仮)旗揚げ公演「マザー・マザー・マザー」 オンライン

2021年7月 石島小夏・石嶋哲彦(陶芸)作品展 及び「和凛主催 絵と茶のワークショップ」 京都 京都場 KYOTO-ba

2022年1月 グループ展 「諭吉展」 日本橋 Double Tall Art & Espresso Bar

2022年2月 報美社主催 若林 菜穂/石島 小夏/鹿取 美希 展 東京・市ヶ谷 一口坂ギャラリィ

2022年3月 石島小夏 作品展 hide and seek in the W COFFEE. 東京・大塚 W COFFEE

2022年3月 イベント「ONE LOVEつながろう」にてライブペインティング 福岡・唐泊village

メディア掲載

AERA 2016年6月20日号 「『完全平等も夢じゃない』家事育児100タスク表に反響続々」に可視化による家事分担に対して夫婦でのインタビュー掲載

AERA 2017年2月13日号 「大特集 家事からの解放」に“ライフイベントや家事とキャリアの両立”について、コメント掲載

Yahoo!ニュース 2017年12月5日配信 「【PR】共働き夫婦の家事・育児の偏りを「可視化」で解消できるか」に“気持ちの可視化”へのインタビュー掲載

東京新聞 2018年7月4日 「<どうしてますか家事>子どもも分担、環境づくりを」に“子どもに家事を「任せている」家庭”の事例として掲載

九州から新たな「暮らし方」や「働き方」を発信するwebメディア ともに暮らす.com 2022年2月27日「【移住情報】東京と福岡県糸島市で二拠点生活」に展示会でのインタビューを掲載

講座実績

法人向けコーチングセッション、研修

楽天株式会社他、従業員数1,000人以上の一部上場企業、ベンチャー企業にて相互理解研修講師

個人向けグループ講座 及び家族向けワークショップ

パナソニックホームズ渋谷展示場にてワークショップを定期開催他。 東京23区、岩手県釜石市、栃木県宇都宮市・真岡市、愛知県名古屋市・豊川市・瀬戸市、兵庫県神戸市・姫路市、大阪府大阪市、埼玉県草加市・所沢市などにて、講座やワークショップを開催